率直な感想は『衝撃』です。

30代女性 Oさん


初めてリトリーブサイコセラピーのセッションを受けました。
率直な感想は『衝撃』です。

セッション直後は、一気にやったので少し放心状態になりましたが、ジワジワとセッションした内容が自分の中に染み込んできて・・・実際に身を持って体験してしまった為に、今まで認めたくなかった事、気づいていなかった事を、受け入れざるを得ませんでした。

私は以前から、人との境界線、両親との境界線が非常に弱いとは薄々気づいてはいましたが・・・今回のセッションで、ほぼ同一化していた自分に気がつきました。全てとは言いませんが、〇〇の場合は父親と同じように、△△の場合は母親と同じようにと、人生の半分はそのように対処して生きていたと言ってもいいくらいでした。

例えば、今私がとっている甥との関係性が、私と父親との関係性と全く同じでした。
セッションから見えてきた、私と父親との関係性はとても寂しいものでした。
父親は子供である私と、どのようにコミュニケーションをとればいいのか分からないでいました。
表面的には普通に接してくれて可愛がってくれていましたが、内情ではかなり距離を取り遠くからあまり関わらないように見守っている感じでした。
今まさに私が6歳になる甥に対しての接し方が全く同じである事に気がつきました。
私は正直、子供との付き合い方が分かりません。
だから甥とどう接すればいいのか分かりません。
甥の事は愛らしく可愛いと思います。
でも、実際にどうしていいのか分からず、ただ見ているだけとか、言うことをきいたり、たまに追いかけっことかをするくらいです。

小さい頃の私は父親にかまってもらいたくて、コミュニケーションを取りに行っていたけど、いつの間にか自分から諦めたのだと思いました。
孤独を感じている自分に気づきました。繰り返しているパターンに気づきました。

母親の場合も繰り返しているパターンに気がつきました。
例えば、私は母親と同じ怒りを母親に対して抱いていました。
私の母親は自身の母親(私にとっての祖母)に対して「一方的に母親の話ばかりで、私の話は何一つ聞いていない‼︎」という怒りを持っている事が分かりました。
実は最近、私自身が母親に対して全く同じ怒りを持っていた事に気がついたばかりでした。

今回のセッションを通して、私自身のものではない事に振り回されていた事がハッキリと分かりました。

今まで自分で作った問題だと思っていたので、ある意味ショックでしたが、気持ちが軽くなりました。
今まで自分なりに向かい合ってきたつもりでしたが、自身で父親役、母親役をやる事で、別の視点から見る事ができ、見えてくる景色が変わり、衝撃もありましたが、楽になりました。

父親の痛み、母親の痛み、自分自身の痛みが感じる事が出来ました。
痛みを吐き出させてくれました。
強く強く抱きしめて、怖がる小さな私を受け入れてくれました。

ありがとうございました。



最後までお読みいただきありがとうございました!
「このページが役に立ったな」と思ったらSNSでシェアしていただけると幸いです。