私も夫を下にして支配しようとしていた

 

こんにちは!

 

リトリーブサイコセラピーという方法で
安心して幸せに生きる
ためのお手伝いをしています。 
 
 
心理カウンセラー・セラピスト 
藤本 あ礼です。

 

 

前回のブログ

「私より下でいて」

の続きです。

 

「私も夫を下にして支配しようとしていた」

 

自分の子どもに対して無意識に

私より下でいて

私よりできない子でいて

と思っている親御さんは

 

もともと、自己否定が強く

心に虚無感や孤独を抱え

自分が生きている感覚が希薄です。

 

これを感じることが怖いので

子どもの力を奪い、支配しながらも

子どもにしがみついて、自分を保っています。

 

というようなことを

前回書きました。

 

優越感を感じることで

しがみつくことで

本当は、何を得たいと

思っているのでしょうか?

 

 

❑安心したい

 

相手を自分の思い通りにしたい

相手に掴まって自分を感じたい

 

これは、つまり

安心したい

ということです。

 

そして、この感覚は

幼児の感覚なのです。

 

子どもは、お父さんやお母さんに

しがみついて、掴まって  

{415811BF-3CF9-4C3B-B5B4-6D265DD7AE19}

 

自分の思い通りに

見てもらう、守ってもらう

大事にしてもらうことで

{89654D84-65CA-4607-A169-0BF87CDAA111}

 

安心して自分を感じて

成長できるんですね。

 

ところが

 

幼少期に満たされることなく

自分の欲求を我慢させられ

親のために頑張る人生を生きていると

(親子逆転の人生) 

 

{43F1DEEA-6FA6-4715-818A-CA56D2087B92}
(画像お借りしました)

 

大人になった時に

我慢し続けてきた欲求を

親の代わりに、誰かに

満たしてもらいたくなります。

 

パートナーとの関係で

上手く満たされればいいけれど

それが叶わないと

子どもを支配が向きます。

 

我慢って一生続かないんです。

そして、愛着が不安定な人は脆い…

 

 

❑私も夫を支配していた

 

実は、私も、夫との関係が

支配関係になってしまうことがありました。

 

どうしても、自分の思い通りにしたくて

そうならないと、イライライライラ💢

 

夫に怒りをぶつけることが

新婚当初、よくありました。

(↑鬼嫁)

 

夫が、私と全く同じであるか

少しできない位置にいないと

夫が離れて去ってしまって

ひとりぼっちになってしまうようで

怖くて怖くて仕方なかったんです。

{8389ED1E-8528-41F9-B8F7-45D681BC0A16}

 

この恐怖が現実ではなく

妄想だと頭では理解しているけど

体が不安で怖いと悲鳴をあげるわけ。

 

支配関係なんて苦しいしやめたい

こんなこと続けていたら

夫に本当に嫌われてしまう。

 

離婚なんてことは絶対イヤ!!

対等な夫婦関係、人間関係を持ちたい!

夫を、人を信用したい!

夫と、人と暖かい気持ちでつながりたい!

 

私自身が変わらなければいけない

と、強く心に思ったのです。

 

そして、セッションを何度か受けて

その孤独の恐怖を見ていきました。

 

今では

あの鬼嫁はどこへ?

あのチンピラはいずこへ?

といった感じです(笑)

 

夫いわく

俺があなたを育てたんだよ!

俺のお陰だよ!

だそうです。

 

うん。その通りだね。

 

********************

 

支配関係から抜けられないのは

自己肯定感と深い関係があります。

1dayがございます。

 
⭐お知らせ⭐
 

11月30日(土)

東京大井町にて
自己肯定感についてのセミナーを開催します。
 
🔴自己肯定感って、どういうもの?
🔴自分の自己肯定感は、どうだろう。
🔴自己肯定感が不安定になる原因。
🔴自己肯定感を育てるにはどうしたらいいの?
 
などなど、いろいろお話していきます。
公認セラピストのオープンセッションもあります。
 
https://jnpta.com/seminar-event/201911-tokyo
 
 
 

愛着障害、うつ、人が怖い、ひきこもり、パニック障害など

最後までお読みいただきありがとうございました!
「このページが役に立ったな」と思ったらSNSでシェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA